就職活動の自己分析について

自己分析って何?

海で波と戯れようと思って飛び乗った電車が高原に向かう電車だったなんて洒落にならない。行き先をきちんと決め、確認してから電車に乗るのが普通だ。就職も同じことが言える。自分の生き方に合わない就職をするとストレスがたまってしまう。病気を誘発するかもしれない。退職に及んでは悔やみきれない。新卒入社者の3割が3年以内で退職という社会問題。これらの若者の大半は電車の乗り違えである。悲しい出来事を避けるためにも、まず楽しい人生について考えてみることだ。老後の設計までとは言わない。少なくとも20代をどう過ごすか考えることだ。自己分析の一番のポイントと言えよう。

そして、「就職活動は商談である」という事実を認識することだ。就職活動は自分というたった一つの貴重な商品を納得できる企業に売り込む作業である。八百屋や魚屋のように品数が豊富でなく単品商売である。切り売りするわけにもいかない。丸ごと買ってもらわなければならない。お客(企業)が何を考え、何を求めているか、相手の気持ちを読み、相手を惹きつける商品価値をアピールしなければ商談は成立しない。就職活動はビジネス活動の前哨戦と言われるゆえんである。

ふと立ち寄った店で、店員の囁きについつい乗せられ、気がついたら商品を手にしていたという苦い体験は誰しも味わっているはずだ。相手をその気にさせる囁きこそ、商談の原点である。この「囁き」=「自分の商品価値」を発見し整理することがもう一つの自己分析である。

次ページ⇒ 自己分析がなぜ必要か



黒住皓彦 著書
就職活動本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。


関連サイト
Copyright (C) 禁無断転載 自己分析.jp 大学生の就職活動. All Rights Reserved.
http://www.venven.jp/