※画像:自然と人のダイアローグ 公式サイトより引用

フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人のダイアローグ(対話)から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会を開催。

フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウス(1874-1921)と松方幸次郎(1866-1950)の個人コレクションをもとに設立された美術館です。

開館から現在にいたるまでの両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画までの100点を超える絵画、版画、写真を通じ、近代における自然に対する感性と芸術表現の展開。

草花から広大な宇宙まで、そして人間自身を内包する「自然」の無限の広がりから、2つの美術館のコレクションという枠で切り出したさまざまな風景の響き合いを楽しむことができます。

開催概要

会期:2022年6月4日(土)~9月11日(日)

会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

開館時間:午前9時30分~午後5時30分(金・土は午後8時まで)

休館日:月曜日、7月19日(火)
(ただし、7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館)

公式サイトはこちら https://nature2022.jp/